カテゴリー
list

創造的な解にいたる「念・忘・解」

『私の体験からもいえることだが、創造的なアイデアとか、矛盾を解くような考え方がひらめくには、「念」→「忘」→「解」という順序が必要である。』