六波羅蜜

「大乗仏教では、智慧を実践する方法として『六波羅蜜』が挙げられている。布施、持戒、忍辱、精進、禅定という5つの波羅蜜と智慧(波羅蜜)が相互に助け合うことで完成するため、車の両輪にたとえられる。」