目標設定の「DUMB」

まえがき

「目標設定のSMART」があまりにも有名になった反動か、”DUMB”な、あるいは”STUPID”な目標設定のフレームワークがいくつか提案されていました。

リスト

  • Doable ― 実行できるか?
  • Understandable ― 理解できるか?
  • Manageable ― 管理できるか?
  • Beneficial ― 有益といえるか?

あとがき

“Developing Standards-Based Report Cards”より。もともとは”SMART criteria“(Wikipedia)で見つけました。この本にはさらにSTUPID (Specific, Timely, Understandable, Powerful, Intelligent, and Doable) なんてのも載っていましたが、PやIあたりが取ってつけたようで今ひとつですね。
これもWikipediaの同エントリ経由ですが、別バージョンのDUMB (Dreamy, Unrealistic, Motivating and Bold)を提案している記事もありました。こちらは意図的にSMARTの逆を行っています。


(書影)

タグ

ビジネス(24)  フレームワーク(42)  目標(34)  目標設定(7)