科学的管理の3S

まえがき

科学的管理法の父、フレデリック・テーラーの管理手法の核となっている考え方。

リスト

  • Simplification(単純化):作業を単純な仕事に分解し、各仕事について最善のやり方を開発すること
  • Standardization(標準化):開発された方法を適用可能なすべての仕事へ適用できるようにすること
  • Specialization(専門化):分析された仕事を遂行するのに最も適した労働者を選抜し、選抜された労働者を最善の方法について訓練して、専門的にその仕事をやらせること

あとがき

『意思決定論―基礎とアプローチ』より。「3つのS」と呼ばれているそうです。

生産性を高めるベーシックなアプローチです。1人でやる仕事にこの考え方を適用すれば、山ほどライフハックがひねり出せそう。

(書影)

タグ

意思決定(47)  科学的管理(1)  管理(1)  経営(84)