タウンゼンド流意思決定のルール

まえがき

『ロバート・タウンゼンドはエイビスレンタカーの元CEO。(略)意思決定について、タウンゼントが提案していることは次のとおりです。』

リスト

  • 組織の中でできるだけ現場に近い者が意思決定を下すべきだ。
  • 決定が求められる案件は2種類しかない。1つは、低コストで訂正しやすいために即断できる案件。もう1つは高コストで訂正しにくいため、よく検討しなければ判断できない案件。
  • どの案件も不十分な情報を頼りに下される――この現実を受け入れられなければ、辞任するしかない。
  • よい管理職は、下した決定の3分の1が正しく、3分の1が間違いで、残りの3分の1はどんな決定を下したとしても結果は同じだっただろう。

あとがき

まえがきを含めて、ジェームズ・マクグラス『瞬間フレームワーク』(クロスメディア・パブリッシング、2017年)より。
タウンゼンドの『組織に活を入れろ』からの引用とあります。マクグラスは70近い意思決定のフレームワークを紹介したうえで、このモデルをトップ1に据えています。

(書影)
  • タイトル:瞬間フレームワーク
  • 著者:ジェームズ・マクグラス
  • 出版社:クロスメディア・パブリッシング
  • 出版日:2017年02月

この本からの他のリスト



(書影)
  • タイトル:組織に活を入れろ
  • 著者:R.タウンゼンド (著), 高橋 豊 (翻訳)
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 出版日:1970

タグ

意思決定(47)  経営(83)