Pickup 本の中のリスト

ロボットの脅威 -- 人の仕事がなくなる日

テクノロジーによってアメリカ経済に生じた「恐ろしい7つのトレンド」
『七つの傾向すべてを合わせて考えたとき、情報テクノロジーの進歩を破壊的な経済的な力だと考える議論には特に説得力が生じてくる。』 

気候話法 (climate-speak)  t 

まえがき
『変化は、目に見える前に、耳から伝わってくることがある。最近の人々がどういう話をしているか、どういう表現を使っているかを、聞いてみるといい。』
リスト このリストを引用する
  • 「ほんの2、3年前には……だった。でも何かが変わって……」  t 
  • 「今までこんなものを見たことがない……」  t 
  • 「いつもは……だったが、今はもうわからない」  t 
  • 「こんな状況は……以来だ」  t 
あとがき
まえがきを含めて、トーマス・フリードマン 『遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方』(日本経済新聞出版社、2018年)より。リストは本書と原著、あと原著の該当部分の元になっている記事(1)を見比べつつ訳し直しました。

ある対象の変化の予兆を捉えるのに、人がそれについて述べる表現に着目をする。面白い着眼です。



参考文献
(1)Learning to Speak Climate - The New York Times
タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2019/1/21 最終更新:2019/1/21
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement