人物鑑定法(李克)


まえがき

『魏の文侯という王が次期宰相の選任にあたって、(略)李克という重臣に意見を求めました。このとき李克は、人物鑑定の5条件を示し(略)ています。』

リスト

  • ふだんどんな相手と親しくしていたか
  • 豊かになったとき、どんな相手に与えたか
  • 高位についたとき、どんな相手を推挙したか
  • 追いつめられたとき、不正なことに手を出さなかったか
  • 貧しいとき、利益に飛びつかなかったか

あとがき

まえがきを含めて、プレジデント書籍編集部『「貞観政要」がやさしく学べるノート』 (プレジデント社、2018年)より。

人物が顕れる状況と、その状況で責任ある職務に就く人間が取るべきでない行動。

引用元が書かれていませんでしたが、調べてみると『十八史略』 (Wikipedia) でした。

居視其所親(仕官前の人は付き合っている人物を)、
富視其所與(金持ちになっている人は、投資するところを)、
達視其所擧(すでに高位高官になっている人は、どのような人物を登用しているか)、
窮視其所不爲(困窮している人の場合は、道義に外れた行いをしていないか)、
貧視其所不取(貧しい人は不義の金品を得ていないか)。

十八史略新解/戦国 – Wikisource

📅

 👤

 📁


No comments on 人物鑑定法(李克)