山火事に対処する消防士の心得

まえがき

『心理学者のカール・ワイクは、昔から、腕のいい消防士は四つの簡単なサバイバル・ガイドラインを心に刻んできたと言う。』

リスト

  1. 時間が十分にあり状況も適切だったら、向かい火を点火する。
  2. 尾根まで到達する(尾根には可燃物が少なく、硬い岩盤や泥板岩に覆われており、風もここでぶつかり合って風向きを変える)
  3. 向かい火を放ったり尾根へ退避するのが、時間的にも状況からしても不可能なら、火の中に飛び込んで一目散に駆け抜ける。
  4. 人間に襲いかかる場所を、火に勝手に選ばせてはならない(火が人間に襲いかかる可能性が高いのは、最も強烈かつ迅速に燃えひろがっているときである)。

あとがき

まえがきはバリー・シュワルツ、ケネス・シャープ『知恵―清掃員ルークは、なぜ同じ部屋を二度も掃除したのか』からの引用です。リストはノーマン・マクリーン『マクリーンの渓谷―若きスモークジャンパー(森林降下消防士)たちの悲劇』の本文を編集して作成しました。『知恵』にも同じようなリストがあるのですが、こちらのほうがややわかりやすかったので。

こういった、緊急事態に専門家が使う行動指針を収集しています。行動指針としては向かい火を放つ、尾根へ逃げる、火中に飛び込む(ことで燃え尽きた場所に移動する)の3か条。最後の項目は常に肝に銘じるべき心得です。ただ火に追われるままに逃げるのではなく、常に状況をコントロールするように心がけよという意味かな。

(書影)
  • タイトル:知恵
  • 著者:バリー・シュワルツ/共著 ケネス・シャープ/共著 小佐田愛子/訳
  • 出版社:アルファポリス
  • 出版日:20111116


(書影)

この本からの他のリスト

タグ

山火事(1)  心得(21)  意思決定(47)  消防(2)  消防士(2)  火災(1)