段階的主張の手順(PACE)

まえがき

「現場で」「下が上に(副操縦士が機長に、看護師が執刀医に、等)」自分の意見を主張する際の手順。

リスト

  • Probe(確認・探求) 「~はご存じですか?/なぜ~なさるのですか?」
  • Alert(注意喚起) 「このままでは~になるのではないでしょうか」
  • Challenge(挑戦) 「このやり方ではうまくいかないと思います」
  • Emergency(緊急事態) 「それをやめてください!/~をやる必要があります。なぜなら~」

あとがき

マシュー・サイド 『失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織』(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2016年)に記述がありました。「確認・探求」などの和訳は本書からの引用です。発言例は “Speaking Up” (Life in the Fast Lane Medical Blog)というページからの意訳です。

このように段階的に主張を強めていくやりかたは、Graded Assertiveness と呼ばれている模様。

(書影)
  • タイトル:失敗の科学
  • 著者:マシュー サイド
  • 出版社:
  • 出版日:2016-12-25

タグ

主張(3)  失敗(14)  救急(1)  緊急対応(1)