Pickup 本の中のリスト

スタンフォード教授の心が軽くなる先延ばし思考

「意義ある先延ばし」のためにリストの上位に置くべきタスク
「それ」をしたくないがために、思わず他の仕事に没頭してしまう。この逃避力?を活用してトータルでの生産性を高めようとするのが「意義ある先延ばし理論」。では「それ」はどのようなタスクであるべきか。 

経営者の直感的選択への確信を支えるもの  t 

まえがき
『〜「気合です」としか答えられないような意思決定をするのが経営者の責任といえるかもしれない。
 だからといって運を天に任せて意思決定を行わざるをえないと結論してしまうのは短絡的である。外からは選択が直感的に行われているように見えても、経営者の側には、自らの選択にかなりの確信があるはずである。
 この確信はどこからくるのか。』
リスト このリストを引用する
  1. ひたすら考えること  t 
  2. 能動的戦略観 未来は予測できないが、創ることはできるという思想  t 
  3. 現場の確かな実行力への信頼  t 
  4. 現場の柔軟な実行力 戦略を柔軟に実行できる対応力  t 
  5. 経営者の知性あるいは教養  t 
あとがき
まえがきを含めて「先が見えない時代、正しい結論を導く5つのカギ 経営者自身の判断力を支える知性は、現場経験から生み出される(にっぽん経営サミット)より。
神戸大学 加護野忠男教授の文章です。加護野節(と勝手に呼んでは失礼ですが)を堪能できる良記事。
タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2009/12/15 最終更新:2010/10/30
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement