意識下の憶測を明らかにする「推論のはしご」

まえがき

データや経験をインプットに行動を起こすまでに、われわれが積み重ねている推論のモデル。下から上に読み上がってください。

リスト

  • ├┤信念に基づいて行動する
  • ├┤世界をめぐる信念を選び取る
  • ├┤結論を導き出す
  • ├┤自分が付け加えた意味をもとに推測する
  • ├┤文化的、個人的な意味を付け加える
  • ├┤観察をもとに「データ」を選ぶ(←信念によって)
  • ├┤観察可能なデータや経験

あとがき

ピーター・センゲ『持続可能な未来へ』より。行頭の2文字で「はしご」を表現してみました。「チームや作業グループが話し合いから成果をあげられない場合、原因はまずまちがいなく、参加者たちが推論のはしごを上り、下りられなくなっていることだろう」(p328)。

原注では「もともとは人類学で用いられていた」としたうえで、自著『フィールドブック 学習する組織「5つの能力」 企業変革を進める最強ツール』を参考文献に挙げています。さらに興味のある方は、”ladder of inference”で検索するといろいろ出てきます。

(書影)

この本からの他のリスト


(書影)

タグ

コミュニケーション(83)  学習する組織(2)  憶測(1)  推論(1)