分割法の公平さをチェックする3つの視点

まえがき

二当事者で何かを公平に分割する交渉において、解決方法を選ぶ基準とは。

リスト

  • 【平等性】この方法ならば、当事者は平等に利益を得ることができる
  • 【無羨望性】この方法ならば、少なくとも50%の獲得が保証され、妬みを生まない
  • 【効率性】この方法以上に、当事者に利益をもたらす解決法はない

あとがき

スティーブン・J. ブラムス『公平分割の法則―誰もが満足する究極の交渉法』より。本文を編集のうえ引用しました。
本書では『解決の公平性を判断する四つの基準がある』とし、リストに加えて「比例」を挙げています。ただし比例は無羨望性(嫉妬心が起きないこと)のバリエーションなので省略し、この三つで測っています。

「お互いに100のうち70を得られた」と満足して終えられる分割交渉のやり方がある。これはなかなか新鮮でした。

ちなみに当事者が3人以上の場合、この3基準を同時に満足させる方法がないことが説明されています。

(書影)
  • タイトル:公平分割の法則
  • 著者:スティーブン・J. ブラムスアラン・D. テイラー
  • 出版社:
  • 出版日:2000-06-20

タグ

交渉(27)  公平分割(1)  分割(1)