Pickup 本の中のリスト

世界の名著〈第48〉パース,ジェイムズ,デューイ (1968年)

探究方法の4類型(パース)
『疑念が刺激となって、信念に到達しようとする努力が生ずる。この努力を、必ずしもぴったりした名称ではないが、「探究」と名づけよう。』 

「明晰さ」の条件  t 

まえがき
『意志決定に関していえば、あいまいなことも含めて多くの要素を考えに入れ、なおかつ自分の決断に至るプロセスをはっきり示せる人を見るとき、われわれは「ああ、このひとは明晰な人だ」と感じるのではないでしょうか。』
リスト このリストを引用する
  1. 覚醒していること(知能を適切に働かせられる覚醒状態であること)  t 
  2. [情]感情の調整ができること(感情の認識・利用・理解・調整ができること)  t 
  3. [知]論理的推論がたしかであること(深く・広く・長い注意力、記憶・想起力、論理力を発揮できること)  t 
  4. [意] 人格が一貫していること(意思決定が当人なりの基準に照らして安定していること)  t 
あとがき
まえがきを含めて、『「明晰さ」の条件』(起-動線)より。
タグ
明晰 
情報
投稿:koji さん 登録:2018/7/26 最終更新:2018/7/26
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement