成功した企業が気を付けるべき9つの罠

まえがき

マイクロソフトの元COOボブ・ハーボルドの著作から。

リスト

  • 無視 古いビジネスモデルにしがみつくこと
  • 自尊心 製品とサービスが二級品になるに任せること
  • 惰性 以前成功していたブランドにしがみつくこと
  • 複雑 成り行き任せで事業を運営すること
  • 肥大 機動性を失うこと
  • 凡庸 水準以下の成績をいつまでも続けること
  • 無気力 引退した人のような気風を育てること
  • 臆病 権力抗争や内部闘争を許容すること
  • 曖昧 焦点のぼやけたコミュニケーション

あとがき

『マイクロソフト ビル・ゲイツ不在の次の10年』で見かけました。著者は、マイクロソフトの元COOボブ・ハーボルドの書いた”Seduced by Success: How the Best Companies Survive the 9 Traps of Winning”という本から引用しています。

これは、企業規模の大小に関わらず起こりそうなことですね。この9つの罠同士にも因果関係がありそうです。どれが根本的な原因かは、個々の企業によって違うでしょうけど。

(書影)


(書影)

(リンク先には原文の「9つの罠」が載っています)

タグ

大企業(1)  失敗(14)  成功(19)  経営(83)  腐敗(1)