死ぬときに後悔すること25

まえがき

「要するに、人が後悔する内容は人類皆兄弟、だいたい決まっているのである。」

リスト

  1. 健康を大切にしなかったこと
  2. たばこを止めなかったこと
  3. 生前の意思を示さなかったこと
  4. 治療の意味を見失ってしまったこと
  5. 自分のやりたいことをやらなかったこと
  6. 夢をかなえられなかったこと
  7. 悪事に手を染めたこと
  8. 感情に振り回された一生を過ごしたこと
  9. 他人に優しくしなかったこと
  10. 自分が一番と信じて疑わなかったこと
  11. 遺産をどうするかを決めなかったこと
  12. 自分の葬儀を考えなかったこと
  13. 故郷に帰らなかったこと
  14. 美味しいものを食べておかなかったこと
  15. 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
  16. 行きたい場所に旅行しなかったこと
  17. 会いたい人に会っておかなかったこと
  18. 記憶に残る恋愛をしなかったこと
  19. 結婚をしなかったこと
  20. 子供を育てなかったこと
  21. 子供を結婚させなかったこと
  22. 自分の生きた証を残さなかったこと
  23. 生と死の問題を乗り越えられなかったこと
  24. 神仏の教えを知らなかったこと
  25. 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

あとがき

『死ぬときに後悔すること25―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた』より。まえがきは「はじめに」から、リストは目次からの引用です。どちらも出版社が用意した公式サイトで見ることができます。目次では、これらの後悔はいくつかのカテゴリに分けられています。

「人が後悔する内容は人類皆兄弟、だいたい決まっている」との見解。「人類共通」と言うためには、他の国や過去についても調べる必要があるように思いますが、細かいところはさておき、「現代の」「日本人の」後悔の公約数はこのあたりなのでしょう。僕も後悔しそうな項目がたくさんありますし、後悔しないように準備できていると思える項目も若干あります。

人生の目標は形に表すのが難しくても、「死ぬときにこういう後悔はしないようにしよう」という形であれば、定義しやすいような気がします。

「良いリストを自分だけでためこんでしまったこと」を後悔しないよう、せっせと登録しよう。

(書影)

タグ

後悔(4)  (4)  終末医療(2)