カテゴリー
list

道徳的な判断に必要な3つの義務感

「日常的な行動の場合、人々の道徳的義務の感覚は、三つの根源に由来する傾向にある」

まえがき

「日常的な行動の場合、人々の道徳的義務の感覚は、三つの根源に由来する傾向にある」

リスト

  • 【良心】個人や宗教に根拠を置くもので、完璧な道徳性をめざして人々を導くもの
  • 【一般的な道徳律】すべての人間が社会生活で持つべき義務として取り扱われる、一般的な道徳のルール
  • 【専門的基準】職業的な倫理、つまり、人の果たす役割に伴う義務と見なされる伝統的な期待

あとがき

まえがきを含めて、ジョセフ・S・ナイ『リーダー・パワー』より。これらの「義務」についての感覚が互いに矛盾するところに、(特にリーダーの)決断の難しさがあるという指摘。【】内の見出しは、巻末付録の「リーダーシップ ―― 十二の短いヒント」を参考にしました。

個人的な良心、社会的な道徳、職業的な倫理と覚えておけばいいですかね。短いながら重要なリスト。

  • タイトル:リーダー・パワー
  • 著者:ジョセフ S ナイ(著)、北沢 格(翻訳)
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 出版日:2008-12-17