カテゴリー
list

「人間」であるための3条件(アーレント)

〔彼女の主著『人間の条件』では、(略)「人間」は、特に言語の面での知的訓練を通じて教養を獲得することで、一個の人格として自律し、理性的に思考することができるようになる存在として描き出されています。〕

まえがき

〔彼女の主著『人間の条件』では、(略)「人間」は、特に言語の面での知的訓練を通じて教養を獲得することで、一個の人格として自律し、理性的に思考することができるようになる存在として描き出されています。〕

リスト

  • 労働 (action) : ヒトの肉体が生命として生きていくために必要なものを獲得する営み
  • 仕事 (work) : 自然の過程には属さない、家具や機会、また芸術作品のような「人工物」を作り出す営み
  • 活動 (action) : 言語や演技によって他の人の精神に働きかけ、説得しようとする営み

あとがき

まえがきを含めて、仲正 昌樹『悪と全体主義―ハンナ・アーレントから考える』 (NHK出版、2018年)より。

この内、「活動」が最も重要で、まさにヒトを「人間」らしくする条件です。(略)自分の「意見」を他者に向かって表明するという行為は、相手は違った意見を持っているかもしれない、違う見方をしているかもしれないことを前提にしています。(略)様々な「活動」を通して、私たちのものの見方が多元化していくこと、それが(略)「複数性」です。「複数性」が確保され、増殖していくには、ヒトとヒトを結びつける「間 in-between」の空間が必要です。

参考文献

(1) 人間の条件 – Wikipedia

(2) 341夜『人間の条件』ハンナ・アレント|松岡正剛の千夜千冊

コメントを残す