カテゴリー
list

コンパッションのABIDEモデル

『コンパッションの出現の場を整えるには、注意力を鍛え、向社会的資質と私心のない意図を育み、判断力と洞察力を高め、倫理的で思いやり深い関与の状態をつくることが必要です。』

まえがき

『コンパッションの出現の場を整えるには、注意力を鍛え、向社会的資質と私心のない意図を育み、判断力と洞察力を高め、倫理的で思いやり深い関与の状態をつくることが必要です。』

リスト

  • Attention and Affect: 注意力情緒(向社会的な感情)。この2つの資質が、
  • Balance: (注意力や感情の)安定均衡につながる。
  • Intention and Insight: 意図洞察力は認知処理のプロセス。これが、
  • Discernment: 識別力につながる。
  • Embodiment and Engagement: 体現関与。これが人を慈悲に満ちた行為へと向かわせる。

あとがき

まえがきを含めて、ジョアン・ハリファックス『Compassion (コンパッション): 状況にのみこまれずに、本当に必要な変容を導く、「共にいる」力』 (英治出版、2020年)より。リストは本文を編集して作成しています。

ABIDE はコンパッションを生み出す「プロセス」だという説明を反映し、いくつかの項目間のつながりを接続語で補っています。

〔abideは「留まる」という意味もある〕との訳注がありました。

この本からの他のリスト

参考文献

Joan Halifax: ジョアン・ハリファックス:慈悲、そして共感の真の意義について | TED Talk

In Buddhism, we say, “it takes a strong back and a soft front.”

(仏教には、「強さと柔軟性を兼ね備えなさい」という教えがあります)

「コンパッションのABIDEモデル」への1件の返信

コメントを残す