カテゴリー
list

発想を練り上げる合い言葉”SCAMPER”

『次のチェックリストを使ってアイデアを練りあげよう。これは、アレックス・オズボーンが考案し、のちにボブ・イバールがこのような順序に並べかえた。』引用元情報はあとがきで。

カテゴリー
list

創造的な解にいたる「念・忘・解」

『私の体験からもいえることだが、創造的なアイデアとか、矛盾を解くような考え方がひらめくには、「念」→「忘」→「解」という順序が必要である。』

カテゴリー
list

あなたのアイデアを相談すべき人

『あなたの周囲に次のような人たちを置きなさい。』

カテゴリー
list

研究アイデアが生まれる場面

『理論的に意味のあるアイデアを生み出すためには、新しい理論的展開がどのような場面で起こるのかを調べてみる必要がある。』

カテゴリー
list

体系的創造思考法(SIT) の5つのテクニック

『成功を収めている革新的・独創的商品の半分以上は、たった五つのヒナ型のいずれかによって生み出されている。』

カテゴリー
list

視野を広げるための5つの方向性

『ともすると我々は、目に見えるもの、過去に経験したこと、常識の中、自分の内面に視野を閉じ込めがちになる。』

カテゴリー
list

アイデア発想5つの技法

「アイデア発想技法とは、何かの対象に対して、考え、気づき、工夫、着眼などを得ることを目的に、それらがより得やすくなるように考え出された方法のことです。」

カテゴリー
list

斬新な解釈をつくり出す3文エクササイズ

□□に斬新な解釈を生み出したい対象を入れ、カッコ内を埋めていきます。例はあとがきで。

カテゴリー
list

創造技法のSECRET(コトラー)

『創造性分野の草分け的な著者であり、研究者であった故アレックス・オズボーンは、置換や誘発を起こすためのゲームや創造技法が、すべて七つの行動を基準にしていると指摘した。われわれはこれを六つに絞りこみ、頭文字をつなげて「SECRET」と呼ぶことにした。』

カテゴリー
list

情報をアイデアに加工する3つのステップ(INSIGHTOUT)

『情報をアイデアに加工する技術「インサイトアウト」は、次の3つのステップを踏みます。』