適切な成果の条件

まえがき

『有効でエコロジカルな成果を生み出すために満たさなければならない、一連の条件。NLPではある特定の目標達成のために、次の五つの条件を満たせば「適切」と考えられている。』

リスト

  1. 肯定的な言葉で表現されている
  2. 自らの感覚に基づいて達成の証拠を定義・評価できる
  3. その目標を望む本人によって始められ維持される
  4. 現状での肯定的な副産物が維持される
  5. 環境や背景との整合性がある

あとがき

まえがきを含めて『ロバート・ディルツ博士の天才達のNLP戦略』より。本文中には出てこないのですが、巻末のNLP用語集に載っていました。「自らの感覚に基づいて」というあたりがNLPっぽいですね。一般的に「成果を生み出す条件」を考えるときに使える、現実的なリストではないでしょうか。

原語は”Well-Formedness Conditions for Outcomes”。著者のサイトで原文がチェックできます。

(書影)

この本からの他のリスト

タグ

NLP(5)  成果(3)  目標(34)  目標設定(7)