CAGE – 海外市場との4つの「距離」

まえがき

『ゲマワットは「CAGE」という実践的なフレームワークを提案し、海外にビジネスを展開する際には、進出先候補の国と自国のあいだの四つの「距離」をできるだけ定量化し、事前にリスク要因として分析しておくことを提唱しました。』

リスト

  1. 国民性(Cultural)の距離
  2. 行政上(Administrative)の距離
  3. 地理的(Geographic)な距離
  4. 所得格差(Economic)の距離

あとがき

まえがきを含めて『世界の経営学者はいま何を考えているのか』より。PESTよりも商売向け。

出典はこちら。
Ghemawat, Pankaj. “Distance Still Matters: The Hard Reality of Global Expansion.Harvard Business Review 79(8): 137-147.

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー 2002年01月号で訳出されています。以下のサイトではこの論文だけを読むこともできます。
海外市場のポートフォリオ分析 ―4つの「距離」を反映させた―:パンカジュ・ゲマワット|ビジネス書店 booknest

第1項目の「国民性」をどう測るのかという問題提起から、ホフステッド指数(国民性の指標)が紹介されます。

(書影)

この本からの他のリスト

タグ

国民性(2)  海外市場(1)  海外進出(2)  経営学(4)