カテゴリー
list

生命の定義(ナース)

『この三つの原理が合わさって初めて生命は定義される。この三つすべてに従って機能する存在は、生きていると見なすことができる。』

まえがき

『この三つの原理が合わさって初めて生命は定義される。この三つすべてに従って機能する存在は、生きていると見なすことができる。』

リスト

  1. 自然淘汰を通じて進化する(「生殖」し、「遺伝システム」を備え、その遺伝システムが「変動」する)
  2. 「境界」を持つ、物理的な存在である
  3. 化学的、物理的、情報的な機械である

あとがき

まえがきを含めて、ポール・ナース 『WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』(ダイヤモンド社、2021年)より。リストは本文を編集して作成しました。

1 は「自然淘汰による進化が起きる条件」を参照のこと。ここから、氏の定義は「種」レベルでの話なのかなと思います(生殖能力を失った個体は生命ではないとは言わないでしょうから)。

2によってコンピューターのプログラムや文化的な活動が除外されます。物理的な存在でないと生命ではない。

3はすこしわかりづらいのですが、解説部分に『このような生きた機械は、情報を操ることによって、協調的に制御される。その結果、生き物は、目的を持った総体として機能するのだ。』とあります。生き物は「目的を持った総体として機能する」機械だと理解すると納得しやすい。

この本からの他のリスト

コメントを残す