株式で長期投資をはじめるときの4ステップ

まえがき

10年先を見よう。

リスト

  1. 5年先、10年先に社会はどんなものを必要としているだろうか、それを供給しようとしていて、ずっと応援したい企業はどこか、を徹底的に考えて選びだしておく。
  2. 1.で選びだした企業の株式を、暴落相場のときなどに思い切り買いに入る。
  3. 買ったあとは、のんびり5年、10年と待つ。
  4. 景気が上昇段階に入って、株価が上がってきたら、保有株の一部を売る。
  5. 4.で得た現金をもとに、1.のステップからふたたび長期投資を実践する。この流れでリズムよく投資をしていけば、いつしか長期の財産づくりにつながる。

あとがき

『10年先を読む長期投資 暴落時こそ株を買え』より。4ステップのリストが5項目あるのは、5項目めが引用元では説明文だったため。

シンプルですね。問題は10年先の社会をどうイメージするか。

(書影)

タグ

さわかみ投信(1)  投資(14)  株式投資(2)  資産形成(14)  長期投資(2)