トランプ元米国大統領の話術の特徴


まえがき

『「多くの人々は聞きたくない言葉だと思いますが、トランプは話術の天才です」とジェニファーは話す。』

リスト

  • 群衆へのアピール:支持者が自分を支持することに喜びを感じるような工夫をする。「我々は、あらゆるところで勝利している」
  • 逆言法:言っていないという表現を使いながら、実は言いたいことを言う。「どうして金正恩は私を『年寄り』と言って侮辱するのだろう。私は決して彼のことを『ちびでデブ』などと言っていないのに」
  • 米国例外主義の私物化:米国は他国とは異なる特別な国だという信条を自分の目的達成のために使う。「米国を再び偉大にする」

あとがき

まえがきを含めて、ニーナ・シック『ディープフェイク ニセ情報の拡散者たち』 (日経ナショナルジオグラフィック社、2021年)より。リストは本文を編集して作成しました。

まえがきのジェニファーとはジェニファー・メルチア博士。

テキサスA&M大学で政治的レトリックの歴史を研究するジェニファー・メルチア博士に話を聞いた。数年にわたってトランプのコミュニケーションの方法を研究してきた学者だ。

という文章に参考文献(1)が付けられています。しかしこの記事にはジェニファー・メルチア博士の名前はありません。

参考文献

(1)