児童憲章の3原則

まえがき

『われらは、日本国憲法の精神にしたがい、児童に対する正しい観念を確立し、すべての児童の幸福をはかるために、この憲章を定める。』

リスト

  • 児童は、人として尊ばれる。
  • 児童は、社会の一員として重んぜられる。
  • 児童は、よい環境の中で育てられる。

あとがき

まえがきを含めて、昭和26年制定の「児童憲章」より。引用元は「児童憲章(『人権教育の指導方法等の在り方について[第三次とりまとめ]』から抜粋)」(文部科学省)です。

絵本の中川さんと宮崎さんが対談 「ぐりとぐら」誕生50年で(47NEWS)』という記事でこの3か条を知りました。この3か条は前書きで、憲章そのものは12か条からなっています。

タグ

児童(1)  子育て(7)  教育(35)  育児(5)