四絶

まえがき

『子、四を絶つ(孔子は四つの欠点から免れていた)。』

リスト

  • 意(主観だけで憶測すること)なく、
  • 必(自分の考えをしゃにむに押し通すこと)なく、
  • 固(一つの考えだけに固執すること)なく、
  • 我(自分の都合しか考えないこと)なし。

あとがき

まえがきを含めて守屋 洋、守屋 淳『中国古典の名言録』(東洋経済新報社、2001年)から編集のうえ引用。リストは『論語』子罕(しかん)篇からの採録。

思考の態度としてこのリストをみると、
「意なく」、つまり主観的でなく客観的に考える
「固なく」、つまり一面的でなく多面的に考える
「我なく」、つまり独善的でなく協創的に考える
と解釈するとわかりやすいです。
難しいのは「必」。現代語訳の「自分の」という部分に力点を置くと「我」と意味が重なるし、「押し通す」に力点を置くと「固」と重なる。

子絶四。意毋、必毋、固毋、我毋

(書影)

この本からの他のリスト

タグ

クリティカル・シンキング(11)  古典(7)  思考(23)  態度(5)  論語(4)