四診

まえがき

『四診(ししん)とは、東洋医学の主体となる診断法である。』

リスト

  • 【望(望診)】 視覚によって情報を得る。動作、顔色、舌の観察など。
  • 【聞(聞診)】 聴覚と嗅覚によって情報を得る。声、体臭、口臭など。
  • 【問(問診)】 質問によって情報を得る。病歴、自覚症状など。
  • 【切(触診)】 触覚によって情報を得る。脈を診る「脈診」、腹部を診る「腹診」など。

あとがき

まえがきは「四診」(Wikipedia)からの引用です。リストは「四診」(田辺三菱製薬ヘルスケア)からの編集・引用です。

タグ

医療(6)  東洋医学(1)  漢方(1)