人類のパラダイムと組織の発達段階(ティール組織)

まえがき

『本書では、それぞれの発達段階と組織モデルを、名前と色をつけて呼ぶことにする。』

リスト

  • 【無色】 血縁関係中心の小集団。10数人程度。自分と他人、自分と環境といった区別がない。
  • 【神秘的(マゼンダ)】 数百人の人々で構成される種族へ拡大。自己と他者の区別が始まるが世界の中心は自分。物事の因果関係への理解が不十分で神秘的。
  • 【衝動型(レッド)】 組織生活の最初の形態、数百人から数万人の規模へ。力、恐怖による支配。マフィア、ギャングなど。自他の区分、単純な因果関係の理解により分業が成立。
  • 【順応型(アンバー)】 部族社会から農業、国家、文明、官僚制、の時代へ。時間の流れによる因果関係を理解。計画が可能に。規則、規律、規範による階層構造の誕生。教会や軍隊。
  • 【達成型(オレンジ)】 科学的、イノベーション、起業家精神の時代へ。「命令と統制」から「予測と統制」。実力主義の誕生。効率的で複雑な階層組織。多国籍企業。
  • 【多元型(グリーン)】 物質主義の反動としてのコミュニティ型組織の時代へ。平等と多様性を重視、ボトムアップの意思決定。多数のステークホルダー。CSR。
  • 【進化型(ティール)】 変化の激しい時代における生命体型組織の時代へ。自主経営(セルフ・マネジメント)、全体性(ホールネス)、存在目的を重視する独自の慣行。

あとがき

まえがきを含めて、フレデリック・ラルー 『ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』(英治出版、2018年)より。
まえがきは本文から、リストは巻頭の日本語版付録からの引用です。

いわゆる組織といえるのは衝動型(レッド)以降。

(書影)
  • タイトル:ティール組織
  • 著者:フレデリック・ラルー/鈴木立哉
  • 出版社:英治出版
  • 出版日:2018年01月

タグ

組織(24)  経営(84)