「健康さ」の源にある首尾一貫感覚

『SOC(Sense of Coherence)は1970年代にアントノフスキーが、大きなトラウマ(ナチ強制収容者からの生還)体験を持ちながらもなお、健康に生きている人たちの存在に驚き、その人々の健康はなぜ保たれているのかに注目し研究する中で見出した健康生成要因である。』

八つの健康習慣

『先駆的な研究として、アメリカの医学者であるL•ブレスローの七つの健康習慣が有名ですが、より日本人の生活実態に即した研究として豊富な実証的データが蓄積されているのは、大阪大学医学部の森本兼曩(かねひさ)たちが提唱している「八つの健康習慣」です。』