カテゴリー
list

聞思修

『仏教には、教えを身につける修行の段階として「聞思修」という段階があります。 「教えを身につける」とは、「知識として理解すること」ではなく、「当たり前に実践できていること」「教えに沿った心になっていること」であり、そのように身についたものを仏教では「智慧」と呼びます。』

カテゴリー
list

状況認識の3レベル(エンズレーモデル)

『(エンズレーは)状況認識は時間をかけて伸ばせる能力であることを証明した。集中的な努力と練習と内省によって習得可能な一種の専門知識だったのだ。』

カテゴリー
list

知識習得のプロセス

『知識を深める価値のあるスキル、つまり習熟する価値のあるスキルであれば、その専門知識を身につけるために体系的なアプローチをとる必要がある。次の手順だ。』

カテゴリー
list

運動技術を習得する3つの段階

『運動=技術を習得する工程は、大きく分けて3つの段階から成ることが、運動心理学を拓いた米国の心理学者ポール・フィッツにより述べられている。』

カテゴリー
list

学習の3ステージモデル(ジョナセン)

『ジョナセンは知識習得の3段階モデルを提示し、各段階によって、適した学習モデルも異なることを示している。』

カテゴリー
list

21世紀の学習に求められる4つのスキル(4C)

『4Cは、米国を中心とした Partnership for 21st Century Skills(P21) によって21世紀の教育に必要な最も重要なスキルとして特定された4つのスキルです。』

カテゴリー
list

選手育成の「プラス・マイナス・イコール法」

『総合格闘技のパイオニアで、いくつものタイトルを獲得したフランク・シャムロックには独自の選手育成法がある。(略)どんな選手も強くなるには○○というものだ。』

カテゴリー
list

智と徳との違い(福沢 諭吉)

『彼はまず、徳(徳義)を「モラル」と呼び、「心の行儀」を意味すると言う。これに対して智(智恵)は西洋でいう「インテレクト」で、「事物を考え、事物を解し、事物を合点〔がてん〕する働〔はたらき〕」であるという。(略)智と徳との違いについて五つの基準が挙げられる。』

カテゴリー
list

学びの4段階(佐々木 毅)

『ここでは「学ぶ」ということがきわめて多くの意味を持つことを念頭に個々の人間にそくして「学ぶ」ことの内容を分析、整理し、見取り図を作ってみたい。』

カテゴリー
list

神経科学による4つの学習の秘訣(AGES)

『仕事の世界が目まぐるしく変化する状況下、すべての人が学び方を学ばなければならなくなりました。学習の達人になる必要があるということです。』