Pickup 本の中のリスト

技術の哲学

使いやすい道具の設計原理
「ノーマンは使いやすい人工物を設計するために、以下のような設計の原則をあげている」 

インプロ(即興劇)に学ぶ、複雑な状況におけるコラボレーションの7原則  t 

まえがき
即興劇のパフォーマーたちは、プロットやキャラクター設定を事前につくることなく、こういった原則だけを胸に抱いて舞台に上がる。らしい。
リスト このリストを引用する
  1. "Yes, and"の精神で。  t 
  2. ほかのみんなをカッコよく。  t 
  3. 起きたことを、次に活かす。  t 
  4. 脚本は、一緒に創り上げていく。  t 
  5. 間違いは、創造への招待状。  t 
  6. 何が起きても、止まらない。  t 
  7. この「場」のために、最善を尽くす。  t 
あとがき
"Improv Theater and Complex Adaptive Systems"(The Fertile Unknown)より勝手訳。"Links of the Week/Month ― December 19, 2009"(how to save the world)というエントリ経由で見つけました。

カオスからの創造という点でインプロは複雑系であり、インプロはカオスの縁で生まれると、元エントリの筆者は指摘します。なるほど面白い考え。

そしてこういった7原則は、複雑な環境下でのあらゆるコラボレーションに敷衍が可能ではないか、とも。
タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2009/12/22 最終更新:2009/12/22
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement