カテゴリー
list

創造の4段階(Wallas)

イギリスの政治学者グレアム・ウォーラスの1926年の著作から。

まえがき

イギリスの政治学者グレアム・ウォーラスの1926年の著作から。

リスト

  1. 【準備】(Preparation) 問題をあらゆる角度から調べ上げ、考え尽くす
  2. 【孵化】(Incubation) 別のことをするか、何もしない(ことによって問題を意識の外に追いやる)
  3. 【解明】(Illumination) ひらめきが訪れる(この段階には、意識的には進めない)
  4. 【検証】(Verification) ひらめきを現実的な解として具体化する

あとがき

原著は Graham Wallasの1926年の著作 “The Art of Thought”。リストはこの本を紹介した記事 “The Art of Thought: Graham Wallas on the Four Stages of Creativity, 1926” (Brain Pickings) からの翻訳・引用です。Illuminationのよい(2文字の)訳が思いつかなくて「解明」としましたが、解き明かすという能動的なニュアンスではなく「降りてくる」とか「浮かんでくる」という意味あいです。ちなみに「アイデアが生まれる5つの段階」よりも古いリストです。

このリストは、池谷 裕二『脳には妙なクセがある』で紹介されていました。

アイデアをひらめいたり、創意工夫に満ちた着想を得るためには「王道」があると言われています。グレアム・ウォーラスによれば、それは四つのステップからなります(174)。つまり、
Ⅰ.課題に直面する
Ⅱ.課題を放置することを決断する
Ⅲ.休止期間を置く
Ⅳ.解決策をふと思いつく
です。

参考文献174は
Wallas, G. The Art of Thought. Harcourt, Brace & Company; Harcourt Brace, 1962.

1962年じゃなくて1926年だったし、リストの内容もずいぶん違っているし、どこかに混乱があるような気がします……。原著を確かめようにもほとんど流通していないらしく、amazon.comでは$1500ドルの値が付いていました。Project Gutenbergでも公開されていません。

まあ、著者の引用の目的は「Ⅲ.休止期間を置く」=『創造のためには相応の熟成期間が必須』というところにあったので、その前後がどうあれ読むぶんには問題ではありませんでした。