因果関係の9つの基準(ヒルの基準)

まえがき

『この基準はこんにちも疫学的な考察に影響を与えている。』

リスト

  1. 関連の強さ
  2. 人、地理、時間的な一貫性
  3. 関連の特異性(1つの原因に対して1つの結果)
  4. 時間的な前後関係(原因が結果の前に起きる)
  5. 用量が多いほど反応が強い
  6. 生物学的な蓋然性
  7. 過去の経験や知識との一致
  8. 実験に基づく証拠
  9. 類似性(他の事例から類推できる)

あとがき

まえがきを含めて『ヤバい統計学』より(最後のリスト項目のカッコは引用者による追加。後述)。まえがきに「疫学」とあるように、考案者のブラッドフォード・ヒル(Wikipedia)はイギリスの疫学者。この9基準は1965年の論文に掲載されたもの。原語でのリスト項目を知りたい方はWikipediaの(Bradford-Hill criteria)をどうぞ。

最後の「類似性」がよく分からないので、もとの論文を見てみました。”In some circumstances it would be fair to judge by analogy.”(状況によっては、類推に頼って判断するのも妥当だろう)みたいな、わりと軽い感じでした。

このリストは因果関係を調べるときのチェックリストであり、9つ中どれだけ当てはまったかで因果関係の有無を考える材料として使われているようですね。

4のように必要条件と思われる基準もあれば、9のような十分条件の一つに過ぎないような基準もあって、使いどころがなかなか難しいリストのようにも感じます。ただ、何をもって因果関係があると言うかはいつも悩みどころなので、すこし改変して(5などは除く必要があるでしょう)一般的な問題解決にも活かしたいリストです。

タグ

問題解決(64)  因果関係(8)  疫学(1)  統計(3)