ソクラテスの方法(プラトン)

まえがき

『プラトンがもちいた「ソクラテスの方法」の特徴は次のようなものだ。』

リスト

  • 講義や解説ではなく、対話でなければならない。
  • 教師と生徒による対話でなければならない。
  • 教育のための道具として使われなければならない。
  • 悪魔の代弁者のつもりで、皮肉(アイロニー)を使わなければならない。

あとがき

まえがきを含めて『幾何学: ピタゴラスの定理からメビウスの帯まで』より。

リストに続いて『つまり、労を惜しまず念入りに、論理的矛盾につながる主張を確認したり、排除したりすることで、絶えずよりよい仮説を見いだすための問答法だ。』とあります。

皮肉を使わ「なければならない」ってすごいですね。

(書影)
  • タイトル:幾何学
  • 著者:マイク・アスキュー/シーラ・エバット
  • 出版社:創元社
  • 出版日:2012年12月

タグ

ソクラテス(2)  プラトン(1)  問答(3)  対話(12)  産婆術(1)