Pickup 本の中のリスト

チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術

犯罪者を理解する8つの心理
実は、まったく一般人と同じ。 

ロータリークラブの行動基準(4つのテスト)  t 

まえがき
『言行はこれに照らしてから』
リスト このリストを引用する
  1. 真実かどうか  t 
  2. みんなに公平か  t 
  3. 好意と友情を深めるか  t 
  4. みんなのためになるかどうか  t 
あとがき
まえがきを含めて「ロータリーの基本理念」(Rotary.org)より。タイトルの「行動基準」という言葉はWikipediaから採りました。本家Rotary.orgでは"The Four-Way Test"という名前で載っています。

もともとは『一流の人に学ぶ自分の磨き方』という本で見かけました。『一流の人が集まって地域への奉仕活動をする組織として、世界各地にロータリークラブがある。会員が大きな決断をする前に求められている指針を紹介しよう。』という前置きのもと、次のリストが紹介されています。

1 真実にもとづいているか?
2 全員にとって公平か?
3 人々の親睦と友情を深めるか?
4 関係者全員にとって有益か?

最初は「決断の基準」と題してこのリストを引用しようと考えていましたが、ソースに当たってみると「大きな決断をする前に求められている指針」というよりは、日常的な行動基準という意味合いが強いようですね。

なかなか訳が難しいなと感じたのは「みんなに公平か」という言葉。言語は"Is it FAIR to all concerned?"です。平等でありさえすればいいということではなく、関係者全員からみて筋が通っていると思えるか、という感じ。個人的には「公正」のほうが近いかな、と思います。

タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2013/5/16 最終更新:2013/5/16
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement