不安の3類型(ティリッヒ)

まえがき

『私が提示することは、われわれは非存在〔=無〕が存在を脅かす三つの局面に応じて不安の三類型を区別することができるということである。』

リスト

  • 【死】無は、人間存在の存在的自己肯定をば、相対的には運命という仕方において、絶対的にはという仕方において、脅かす。
  • 【無意味性】無は、人間存在の精神的自己肯定をば、相対的には空虚さという仕方において、絶対的には無意味精神性という仕方において、脅かす。
  • 【断罪】無は、人間存在の倫理的自己肯定をば、相対的には罪責という仕方において、絶対的には断罪という仕方において、脅かす。

あとがき

まえがきを含めて、パウル・ティリッヒ『生きる勇気』(平凡社、1995年)より。死と無意味と罪というトリオだけは知っていましたが、これほど充実した枠組みだったとは。

タグ

不安(3)  勇気(5)  哲学(27)  存在(1)