Pickup 本の中のリスト

交渉は創造である ハーバードビジネススクール特別講義

「正しさ」のセルフチェック
『正しい行為と誤った行為を分ける境界線を超えないようにするための、有効なテストがいくつかある。』  他 3 件

経営者が持つべき3つのレンズ(視点)  t 

まえがき
『「リーダーシップと企業倫理」では、経営者は3つのレンズ(視点)を同時にもたなくてはならないと教えます。』
リスト このリストを引用する
  • 【経済】 マクロ経済、ミクロ経済、ファイナンスなどの視点から検討して(収益性は)どうか  t 
  • 【法律】 法の精神と条文で決まっていることを認識し、法律を遵守しているか  t 
  • 【倫理】 自分の決断は倫理的に見て正しいのか、決断に倫理的な視点をどう組み込んでいくか  t 
あとがき
ハーバードが「倫理」を必修にする理由:カシーク・ラマンナ准教授に聞く(1)』(日経ビジネスオンライン、2014/10/2)より。記事本文および後述の書籍をやや編集して引用しています。

佐藤 智恵『ハーバードはなぜ仕事術を教えないのか』(日経BP社、2015年)で、以下のような文章を読みました:
『ハーバードでは、こうしたグレーな状況に直面した時には、「LCA分析」をするように、と教えています。LCA分析とは、簡単に言えば、経済、法律、倫理の3つの視点から状況を分析することです。』
LCAは経済、法律、倫理の頭文字だろうと思いましたが見当がつきません。"Karthik Ramanna" "LCA Analysis" などの言葉で准教授の書いた記事や論文を検索しても見つからず……。どうも、氏の担当する科目名『「リーダーシップと企業倫理」(Leadership and Corporate Accountability、通称LCA)』のようです。

頭文字で覚えるならELM (Economy、Legitimacy、Morality) 分析かな。

タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2016/1/11 最終更新:2016/1/11
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement