糸山流ケンカ哲学十訓

まえがき

「元祖永田町の暴れん坊、現・資産5390億円の著名実業家」(Amazon.co.jp、引用元はあとがきにて)の糸山 英太郎氏の著作より。

リスト

  • 一、ケンカは最大のコミュニケーションだ
  • 二、誰とケンカするかにこだわれ
  • 三、負け犬になるな。若い頃の売られたケンカは全部買え
  • 四、大義名分の立たないケンカはクズだ
  • 五、情報こそは最大の武器。敵を調べろ
  • 六、ふっかけろ!ムチャを言え
  • 七、お返しと仕返しはお早めに
  • 八、最後は「寸止め」。相手を生かしてやれ
  • 九、「執念」は最後まで失うな
  • 十、相手にケンカをさせないのも、ケンカの技術

あとがき

『ケンカ哲学』という本の目次から引用しました。ご本人のHPに詳しい目次があります。

ただのケンカ十訓でないことは、最初の「コミュニケーション」でなんとなく分かりますね。未読ですが、Amazonのレビューを眺めているうちにぜひ読んでみたくなりました。

(書影)
  • タイトル:ケンカ哲学
  • 著者:糸山英太郎
  • 出版社:
  • 出版日:2004-10



#このリストは、松田 正典さんから教えてもらいました。ありがとうございます。

タグ

ケンカ(3)  人生(39)  糸山英太郎(1)