反省のフレームワーク(米国陸軍)

まえがき

『デビッド・ガービンの研究によると、米国陸軍は過去の経験を反省するための仕組みを開発し、非常に優れた成果を上げている。』

リスト

  1. 我々は何をしようとしたのか?
  2. 実際には何が起きたのか?
  3. なぜそうなったのか?
  4. 次回はどうするか?

あとがき

まえがきを含め、『決断の本質 プロセス志向の意思決定マネジメント』より。この本によれば、つい3と4に時間をかけてしまいがちですが、陸軍では1と2に時間を掛けているとのこと。

よく考えると、これは「分析的な問題解決のプロセス」を、事後になぞっているということですね。このように反省して、問題解決能力を高めていこうとしているわけです。

(書影)
  • タイトル:決断の本質
  • 著者:マイケル・A.ロベルト/スカイライトコンサルティング株式会社
  • 出版社:英治出版
  • 出版日:2006年07月

この本からの他のリスト



(参考)
読み物 – 254. 反省のフレームワーク – 起-動線

タグ

反省(4)  問題解決(65)  学習(43)  振り返り(5)