説得力を高めるジェスチャー:5つの種類

まえがき

身振り手振りにもいろいろあります。

リスト

  • 拍子(手を上下に振る。話を盛り上げる効果あり)
  • 指示(方向、場所、物、数など。例:「ポイントは3つあります」)
  • 変化(時間や売上の変化など。例:右上に手を動かして「増加」のイメージ)
  • 演技(他者の行動や感情を身振りで表現)
  • 形態(形、大きさ、質感などを表現)

あとがき

日経ビジネス Associe(アソシエ) 2008/11/18号 特集「できる人のビジネス会話術」より。マーケティングプランナー 村山涼一氏へのインタビュー記事から。それぞれの意味をカッコ内に追加しています。

種類だけ知っていても使えなければ意味がないともいえますが、これだけバリエーションがあるのだと知っておくことで、少しずつジェスチャーの幅が拡がるのでは。

(書影)



(参考)
発想七日! > ジェスチャー5種 : ITmedia オルタナティブ・ブログ

タグ

ジェスチャー(1)  プレゼンテーション(36)  話し方(12)  説得力(1)  講演(14)