カテゴリー
list

破壊的リーダーシップの3段階

『カオはスティーブ・ジョブズのリーダーシップ構造を独自の視点で解釈し、「破壊的リーダーシップのテクノロジー」(もしくはリーダーシップを育むために必要なプロセス)を醸成する上で、次の3段階が重要であると述べている。』

まえがき

『カオはスティーブ・ジョブズのリーダーシップ構造を独自の視点で解釈し、「破壊的リーダーシップのテクノロジー」(もしくはリーダーシップを育むために必要なプロセス)を醸成する上で、次の3段階が重要であると述べている。』

リスト

  1. リーダー自身が内側からまたは個人レベルで「噴火」する段階。これが基本的にリーダーにとって魂の原動力を下支えすることになる。
  2. 「構築」する段階。組織文化の隅々まで浸透するような方法でビジョンを共有し、リーダーの遺伝子型を効果的にチームの表現型に変換する段階。
  3. 実際に「破壊」する段階。「古きを打ち負かし、新しきを打ち立てる」段階。

あとがき

まえがきを含めて、フィリップ・コトラー、古森 重隆『NEVER STOP イノベーティブに勝ち抜く経営』(日本経済新聞出版、2021年)より。

まえがきの「カオ」とは Richard Kao 。リスト部分は彼の著書 “Disruptive Leadership: Apple and the Technology of Caring Deeply–Nine Keys to Organizational Excellence and Global Impact” からの引用です。

噴火、構築、破壊。原著を見てみると、eruption, organizational, construction でした。

まずはリーダーによる組織内での、ないし個人的な「噴火」が必要で、それが3つしかないステップの1つである。「噴火」という言葉のインパクトに惹かれて収集しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です