カテゴリー
list

個人的自由の三つの形式

『ホネットは、フレデリック・ノイハウザーによるヘーゲルの読解に似た、否定的・反省的・社会的という3つの自由を区別している。その概念化は、どんなに評価しても過大評価とはいえないほど、実りあるものだ。』

まえがき

『ホネットは、フレデリック・ノイハウザーによるヘーゲルの読解に似た、否定的・反省的・社会的という3つの自由を区別している。その概念化は、どんなに評価しても過大評価とはいえないほど、実りあるものだ。』

リスト

  • 否定的自由: 外部の障害からの自由
  • 反省的自由: 自己決定、自己実現、真正さ(本心を表現すること)における自由
  • 社会的自由: 他者や社会制度との関係を保ちつつ、互いが自分自身でいられる自由

あとがき

まえがきを含めて、参考文献(1)より。リストは本文を意訳しつつ作成しました。

アクセル・ホネットのインタビュー記事 「資本主義、批判、社会的自由」(聞き手=ガエル・カーティ、『資本主義と危機: 世界の知識人からの警告』第2章所収)でこの3つの自由を知りました。

ただ、インタビュー記事のせいか、この3つの自由の定義が曖昧でリスト化しづらかったので、英語版の書評記事からわたしの理解できる言葉でリストを作成しています。

カーティによるとホネットは2011年に出版した『自由の権利』でこの三区分を詳述しています。そちらをあたってもうすこし明快な定義を読みたかったのですが、未邦訳。

話の流れからすると、アイザイア・バーリンによる「消極的自由」(自分の意図を実現するにあたっていかなる妨害もないこと)と「積極的自由」(何らかの高次のよさを尊重することによる自己決定に関わる自由)がおおまかに「否定的自由」と「反省的自由」に対応しています。そしてヘーゲルが言う「客観的自由」を受け継いで著者が提唱しているのが「社会的自由」。

『資本主義と危機』では、ホネットは次のように述べています。

わたしはかなりの程度ヘーゲルの「法哲学」の考えを引き継いで(略)、否定的、反省的、社会的自由の三区分を提案しました。それらの自由はすべて近代社会の制度的構造のうちに、その構成的場所を占めるのです。

そして同書からの引用でリストを作ろうと試みたのが下記。

  • 否定的自由: 外的な世界において意志の行使に障壁がない
  • 反省的自由: 意志の内容が理性的な考慮によって決定されている
  • 社会的自由: 社会の他の参加者が自分たちの意図を絡み合った仕方で実現するという条件が満たされる場合において自分の意図を実現することができる
  • タイトル資本主義と危機――世界の知識人からの警告
  • 著者: マルクス・ガブリエル(著)、イマニュエル・ウォーラーステイン(著)、ナンシー・フレイザー(著)、アクセル・ホネット(著)、ジョン・ベラミー・フォスター(著)、大河内 泰樹(著)、斎藤 幸平(著)、ガエル・カーティ(著)
  • 出版社: 岩波書店
  • 出版日: 2021-05-29

参考文献

(1) Laitinen, Arto. “Axel Honneth: Freedom’s Right: The Social Foundations of Democratic Life. Translated by Joseph Ganahl.(New York: Columbia University Press, 2014. Pp. 412.).” The Review of Politics 77.2 (2015): 327-330.

コメントを残す