苦難からの立ち直りを妨げる「3つのP」

まえがき

『心理学者のマーティン・セリグマンは、人が失敗や挫折にどのようにして対処するかを長年研究し、「3つのP」が苦難からの立ち直りを妨げることを明らかにした。』

リスト

  • 【自責化】 自分が悪いのだと思うこと (Personalization)
  • 【普遍化】 あるできごとが人生のすべての側面に影響すると思うこと (Pervasiveness)
  • 【永続化】 あるできごとの余波がいつまでも続くと思うこと (Permanence)

あとがき

まえがきを含めて、シェリル・サンドバーグ、アダム・グラント 『OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び』(日本経済新聞出版社、2017年)より。

帰属理論(Wikipedia日本語版)あるいは「因果関係のとらえ方のクセを測る4つの軸」をネガティブな方に寄せたリストといえるでしょうか。頭文字が揃っているので覚えやすい。

苦難に陥ったときには、「自分のせいで、何もかも、いつまでも、悪いままだろう」と思いがちである。この知識だけでも有用。

(書影)
  • タイトル:OPTION B(オプションB)
  • 著者:シェリル・サンドバーグ/著 アダム・グラント/著 櫻井祐子/翻訳
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 出版日:20170721

この本からの他のリスト

タグ

レジリエンス(6)  帰属理論(1)  苦難(1)  説明スタイル(1)