子どものレジリエンスを育むめの4つの信念

まえがき

『子どもは自分に与えられた機会や、親、保護者、教師、友人たちと築く関係を通じて、レジリエンスを育んでいく。まずは子どもが次の4つの核となる信念をもてるよう、手助けすることが出発点となる。』

リスト

  1. 自分の人生は自分である程度コントロールできる
  2. 失敗から学ぶことができる
  3. 自分はひとりの人間として大切な存在である
  4. 自分のために役立て、他人と分かち合うことのできる強みが自分にはある

あとがき

まえがきを含めて、シェリル・サンドバーグ、アダム・グラント 『OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び』(日本経済新聞出版社、2017年)より。

出典は明らかではありませんでしたが、よいリストなので収集。

(書影)
  • タイトル:OPTION B(オプションB)
  • 著者:シェリル・サンドバーグ/著 アダム・グラント/著 櫻井祐子/翻訳
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 出版日:20170721

この本からの他のリスト

タグ

レジリエンス(6)  育児(5)