三聚浄戒

さんじゅじょうかい。『仏教用語。大乗戒、菩薩戒、三聚戒ともいう。大乗の戒律の一つで、大乗の菩薩は出家も在家もともにこれを受持する。』