Pickup 本の中のリスト

なぜ科学を語ってすれ違うのか――ソーカル事件を超えて

新しいパラダイムが選択される5つの基準
『クーンは後年、「客観性、価値判断、理論選択」という論考のなかで、新しいパラダイムを選びとるときに用いられる五つの判断基準を示した。』  他 1 件

自分の“才能”を引き出す5つの方法  t 

まえがき
茂木健一郎氏の文章から。
リスト このリストを引用する
  1. 「快楽主義者」になると決める!(目的意識を強くもち、脳の抑制をとりはずすため)  t 
  2. 多様な体験をし、「記憶(データ)」のアーカイブを増やす(アイデアの源となるため)  t 
  3. 「睡眠」をきちんととる(ひらめきの元データである記憶を整理してくれるため)  t 
  4. 「自分の居場所」をつくる(愛着のもてる人や場所を拠り所に発想、行動できるため)  t 
  5. 行動して、人に出会い、“新しい自分”を発見する(受け入れる心をもつため)  t 
あとがき
まえがきを含めて
『考える力をつくるノート 〜 すぐに実行できるのに誰も教えてくれなかった』より。ビジネス書などで有名な著者が自説をコンパクトにまとめ直した感のある、お得なようなお得でないような?本でした。

章ごとにまとめリストがあります。もっとも完成度が高いと思われたリストを選んで引用しました。

タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2011/1/25 最終更新:2011/1/25
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement