Pickup 本の中のリスト

PTG 心的外傷後成長―トラウマを超えて

喪失経験の種類
喪失経験とは「個人が生活のなかで感情的に投資している象徴的、物理的な資源の減少を伴う経験」であり、次の5つに大別される。 

ダイエットが難しい人の8つの特徴  t 

まえがき
『あなたが体重を落とすことに苦労しているのなら、あなたはきっと食と食べ物に対して、スリムな人たちとは異なった考え方をしているはずです。』
リスト このリストを引用する
  1. 食への欲望を「空腹」と混同する ~ “食べたい”というどんな欲求にも「空腹感」という名前をつけてしまう  t 
  2. 空腹感に対して忍耐力が低い ~ 空腹感を緊急事態としてしまい、「食べなくては!」と焦ってしまう  t 
  3. お腹いっぱいのときの感覚が好き ~ 食後の過剰な満腹感を「普通だ」と思っている  t 
  4. 自分がどれだけ食べたかをごまかす ~ 食べた量から目をそらす、言い訳をするなどして自分をだます  t 
  5. 食べることで自分を慰める ~ 悩んだりすると、食べることで気晴らしをして自分をなだめる  t 
  6. 体重が増えると、もはや方法も希望もないと感じてしまう ~ 食べ過ぎると、破壊的な思考や混乱に自信をむしばまれる  t 
  7. 不公平、という問題にこだわってしまう ~ 自分だけが食べられないのは不公平だと思ってしまう  t 
  8. 体重を減らせたらすぐにダイエットをやめてしまう ~ 体重が減ると古い食行動に戻してしまうため、リバウンドする  t 
あとがき
まえがきを含めて、ジュディス・S・ベック『認知療法で二度と太らない心と体をつくる: ベック式ダイエット練習帳』より。「~」より後は本文からの要約・引用です。

認知療法でベックといえば……そう、著者は認知療法の父といわれるアーロン・ベックの娘さんで、本書にもアーロンパパが序文を寄せています。認知療法の父の子は、認知療法の何と呼ぶべきなんでしょうね。

タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2013/2/24 最終更新:2013/2/24
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement