ストレス反応が生じる順序

まえがき

抑うつにいたるまでの心理的・身体的反応には一定の順序があるようです。

リスト

  1. 活気の低下
  2. イライラ
  3. 疲労
  4. 不安
  5. 身体愁訴
  6. 抑うつ

あとがき

「ストレスに関連する症状・不調として確認することが適当な項目等に関する調査研究」報告書』(独立行政法人労働安全衛生総合研究所)より。職業性ストレス簡易調査票(東京医科大学)への回答を分析した結果として、次のような文章がありました。リストはそれを分解したものです。
引用:

全体的なストレスレベルの増大に伴い、「活気の低下」、「イライラ」、「疲労」、「不安」、「身体愁訴」、「抑うつ」の順でストレス反応が顕在化してくるであろうことが明らかにされている。

ある日いきなり抑うつ状態になるわけではないので、こういうステップを理解しておくことは自分や仲間のメンタルヘルスを保つために有益かと思います。

職業性ストレス簡易調査票は、厚生労働省の「こころの耳」というサイト上にて「5分でできる職場のストレスチェック」という名称でオンライン化されています。

タグ

ストレス(13)  メンタルヘルス(8)  抑うつ(1)