気晴らしの5つの技術

まえがき

『悩みごとから「上手に距離を取る」ことは、心理学的には回避的ストレス対処行動と呼んでいます。悩みをうまく回避することもストレス対処行動なのです。』

リスト

  1. 普段使わない五感を使う ― アロマセラピー(嗅ぐ)・グルメ(食べる)などして気分を変える
  2. 今現在の感情とまったく違う感情を味わう ― 笑える・泣ける映画を観るなどして、気持ちをリセットする
  3. 何かに一点集中して取り組む ― 頭を占拠している感情や考えを、別のもので満たす
  4. 自分の存在を尊重され、自尊心を持てる場所や機会を持つ ― 得意の趣味などで心の余裕を取り戻す
  5. 自分の一側面(たとえば会社での自分)とは違う側面を表現できる場所や機会を持つ ― 仕事だけの評価に一喜一憂せずに済む

あとがき

まえがきを含め、『ストレスマネジメント入門』p151より。語尾を揃えるために一部編集しています。またダッシュ以降のミニ解説は引用者が加えたものです。

要約すれば、まえがきに引いた「上手に距離を取る」ということですね。ちょっとメモしておきたく思いました。

ただし、いつも気晴らしだけでは『問題を乗り越える基礎体力が身につかないのも事実』とのこと。

(書影)

タグ

ストレス(13)  ストレスマネジメント(2)  メンタルヘルス(8)  心の健康(1)