Pickup 本の中のリスト

文明論之概略 (岩波文庫)

智と徳との違い(福沢 諭吉)
『彼はまず、徳(徳義)を「モラル」と呼び、「心の行儀」を意味すると言う。これに対して智(智恵)は西洋でいう「インテレクト」で、「事物を考え、事物を解し、事物を合点〔がてん〕する働〔はたらき〕」であるという。(略)智と徳との違いについて五つの基準が挙げられる。』 

学習の4本柱 (UNESCO)  t 

まえがき
ユネスコが結成した「21世紀教育国際委員会」が、1996年に作成した報告書『学習:秘められた宝』 (Learning: The Treasure Within) の中で定義した、教育がよって立つべき4本の柱。
リスト このリストを引用する
  • 【知ることを学ぶ】 知識の獲得の手段そのものを習得すること (Learning to know)  t 
  • 【為すことを学ぶ】 専門化した職業教育ではなく、様々な実用的能力を身につけること (Learning to do)  t 
  • 【(他者と)共に生きることを学ぶ】 他者を発見、理解し、共通目標のための共同作業に取り組むこと (Learning to live together, Learning to live with others)  t 
  • 【人間として生きることを学ぶ】 個人の全き完成を目指すこと (Learning to be)  t 
あとがき
リストは参考文献(1)から編集のうえ引用。"Learning:The Treasure within"の一部はUNESCOのサイトに載っており、そこで4本柱の概要は読むことができます(2)。

これが提唱されてからの20年間の展開を振り返るレポートも方々でアップされています。まさに「柱」たるにふさわしい太さを持ったリスト。

〈参考文献〉
(1) 澤野 由紀子 『ユネスコの生涯教育論』「3.『ドロール・レポート』における生涯学習論」(生涯学習研究e事典)
(2) "Learning:The Treasure within" (UNESCO)
(3) 「学習:秘められた宝」 (Wikipedia)
タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2017/4/7 最終更新:2017/4/7
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement